中小企業の10年後の生存率は?

税理士法人わかば青山支店 東京都港区南青山3-5-2 電話03-4500-2850 お問い合わせ

中小企業の10年後の生存率は?

日本には大小合わせて400万を超える会社がありますが、その大部分が中小企業です。

 
中小企業の定義は中小企業基本法で製造業などで資本金3億円以下、卸売業で1億円以下、サービス業・小売業で5000万円以下(それぞれ、資本金のほかに従業員数による制限があります)と定められていますが、税法では資本金1億円以下を中小企業と定義して大企業との競争に負けないための軽減税率などの優遇政策が行われています。

 
かつての会社法では最低資本金制度という仕組みがあって、株式会社の資本金は1千万円以上が必要でしたが現行法では資本金の下限について規定はなく、少ない元手でも起業することができます。

 
とはいえ資本金はビジネスの元手であり、利益が出れば資本は膨らむ一方で赤字になれば資本が欠損し、資本金を上回る赤字が出れば債務超過になってしまうので登記簿に記載された資本金額には意味がありません。

 
起業はギャンブルやゲームではないので確かな見通しが必要ですが、現実の社会では見通し通りに物事が進むばかりではなく、予想外の出来事や想定外の事態にも対処していくことが求められ、そうでなければ企業経営は運任せになってしまいます。

 
つまりビジネスにおけるコミットには二通りあり、一つは実現可能な約束をすること、もう一つは実現不可能な約束はしないことが大切です。

 
売上が拡大していくと、仕入れも増やしたり、事業所の拡張や人員の雇用など支出も増えますが、売上が入金するまでには時間差があり、その時間差が資金不足になってしまうこともあります。
これは、利益とキャッシュフローの違いから起きる出来事ですが、こうした知識は、税理士のコミットコンサルでサポートすることができます。

 

「 将来の展望 × コミットコンサル = 正しい将来の見通し 」

利益・キャッシュフローなどの数字のことだけでなく、会社内の業務改善なども含めコンサルトすることができます。

二人三脚で目標を設定し、ひとつひとつの目標をコミットできるようアドバイスしていきます。

わかばコミットコンサルであなたの想い描く会社を実現していきませんか?