コミットと心理学

税理士法人わかば青山支店 東京都港区南青山3-5-2 電話03-4500-2850 お問い合わせ

コミットと心理学

物事を成功させるためにはコミットが重要になります。

コミットとは責任をもって実施することになりますが、絶対にやり遂げると宣言する言葉・約束として「コミットメント」という言葉が良く使用されています。

コミットメントをすれば、人間はやり抜こうという心理が働き、物事をやり遂げる確率が高くなります。

これは宣言することで一貫性の法則が働いて、途中で投げ出さなくなるためです。

それでも心理的に困難と感じる場合があるかもしれません。

この様な時には、サポートをしてくれる専門家がいると心強く、今一度成し遂げようとする意識が働きます。

たとえば、税理士がコミットをサポートしてくれる事務所もあります。

税や経理の事に限らず、経営や起業・人材育成など様々なことに対して相談窓口を設けている所もあります。法律に関することであれば弁護士事務所や行政書士・社杯保険労務士なども役に立ちます。

コミットメントによって物事をやり遂げる確率は高くなりますが、その方向性が正しいのか見極めることも重要で、専門家の力を借りることも必要です。
人間に一貫性の法則が働いた場合、やり遂げようとする意識が強く働くのですが、そのコミット自体が間違っていたり、修正が必要な場合もあります。

間違いがあったりうまくいかない場合は、正しい方向に導いてPDCAを回す必要があります。

実はPDCAの一番重要な部分はチェックです。

たとえ素晴らしい計画だと思っても、実情にそぐわない計画の場合もあります。行動してうまくいかなければ、修正した計画を立てなければなりません。

いくつか行う行動も優先順位を付けて、重要なことから行動する必要があります。これらは、自分一人ではなかなか判断ができないものであり、専門家のサポートは大きな助けになります。

多くの企業活動が税や法律・行政などと絡み合っています。それらの知識を十分に理解して活動しなければなりませんが、やはり税理士や弁護士など専門の知識を持った方にサポートを依頼するのが得策でしょう。

「PDCA × 専門家の力 = 正しい方向性」
二人三脚で正しい方向性を導き出し、コミットすることが、達成成功の近道!