経営改善とコミットコンサルティング

税理士法人わかば青山支店 東京都港区南青山3-5-2 電話03-4500-2850 お問い合わせ

経営改善とコミットコンサルティング

経営の状態が悪いのにそのまま対策せずに放っておくと、事業価値はどんどん下がっていってしまい地上競争からはじき出されてしまいます。

そのため経営改善をするということは、企業を守るためにも重要です。

会社を存続させるためには、「売上を最大化させて経費を最小化」していくことを同時に行っていくことで、企業基盤が整います。
経営を改善することによって利益を最大化させるのです。

そんな経営改善を行うには、コンサルティングが重要となってきます。

経営コンサルタントに、コンサルティングしてもらうことによって、経営の状態が悪くなってしまう原因になっている「経営課題の見落とし」を明確にすることができます。

正しく経営を改善できていれば、経営課題を解決しないということは避けられないものです。
経営状態が悪くなる原因ですので、これを改善できなければ利益を最大化することは難しいと考えられます。

経営改善を正しく行うためには、自分の企業にあったアプローチや方法を実行し、目標を達成していくことが大切です。

経営改善の目的は「利益の最大化」「経営課題の解消」にありますが、どうやって利益を得るか、課題は何かは企業によって大きく異なります。
経営環境や経営資源も企業によって違うため、アプローチや改善方法は企業によって一つ一つ違ってくるのです。

闇雲に改善方法を試してみたとしても、きちんと問題が解決できないことが多く、倒産につながってしまう可能性もあります。

経営をきちんと改善したいというのであれば、正しい経営技術が必要となってきます。そのためには、経営コンサルティング及びコミットコンサルは大切です。

会社の経営状態を診断し、クライアントの要望に合わせて経営の効率化や合理化のための診断、人事や賃金の見直し、設備投資計画の作成などを行います。

ただし、あくまでも改善を実行するのは経営する側であり、改善計画に沿ってきちんと遂行していくこと=コミットコンサルが大事です。