みなさん、こんにちは!
港区青山の税理士法人わかばです。

職員さん向けにこの【職業会計人】シリーズを書いています。

さて今回のテーマの
「ミスは絶対無くならない」
ですが、

皆さんはミスをしないように気をつけて仕事をしていると思いますし、
当然私も最新の注意を払ってミスをしないようにしています。

しかし、非常に残念な事ですがミスは永久に無くなりません。

毎日毎日膨大な量の情報を取り込み、
大量の仕事をこなしているわけですから
そんな中で毎日全てを完璧にすることは実際不可能と言う物です。

しかし、そのミスを、量を減らし、インパクトを小さくすることは出来ます。
これが大事なのです。

ではどうやったらこのように出来るのでしょうか?

それは以下の事で出来ると思っています。

1,ミスをしたときにしっかりと自分を痛めつける
2,そのミスを二度としないようにするにはどうすれば良いか、必死になった考える
3,ミスと改善策のリストを作り、一週間に一回は見直す(そして書き足す)

上記の1についてですが、
昔、「一晩寝ると嫌な事全部忘れちゃうんです~」という人が居ましたが
そういう人には無理な話です。こういう人は一生ミスが減りません。

きちんと痛めつけて、食欲が無くなり、ず~んとした気持ちになって
嫌だ、二度とこんな気持ちになりたくない・・・という所に一回たどりつく事が必要です。

お酒を飲んで嫌な事はぱ~っと忘れちゃんです・・・というのも駄目
お酒は飲んでも良いですが、忘れちゃ駄目です。

上記2について、よくあるのは、
「今後気をつけます」「注意力をもって対処します」とかの
改善策を出す人が居ますが、これ全然対処方法にはなっていませんよね。

「今後気をつけられるように、○○をして△△が必ず目に入るようにチェックリストを作成しました。今後はしばらくこのチェックリストを使ってみますが、問題点がありそうだったら再度検討します」

これが改善策です。こういう具体的な話しをしましょうね。

上記3について、
人間の素晴らしい所というのは、「忘れる事が出来る」だと思っています。
忘れられるからこそ、前を向いて生きていける。

私もその素晴らしい才能については良いことだとは思っています。

思っては居ますが、ミスしたことを忘れては元も子もないのです。
(上記1の例でも言いましたが)
リストを作りましょう。
私が入社したときは、ミスと先輩から注意されたことをメモした手帳を
毎日行き帰りの電車で眺めていました。

「ちきしょ~」という気持ちもわき上がるので
自己改善にはうってつけです。

二度としない自信がでたものについては、線を引いて消していました。

皆さんも職業会計人として、
「ミスとどのようにつきあっていくか」
良く考えてみて下さい。

あ、あとミスしたときのメンタルの問題もありますね。

一番良いのは、「がつ~んと凹んで」
ちょっとたったら、「ま、しょうがないな!次々!!頑張るぞ!」となれる人ですね。

凹みすぎても良いことありませんので、ナニゴトもそこそこが一番。

「一年前にどんな事で悩んでいたか思い出せますか?」

何かの書物に書かれていた言葉ですが、大好きな言葉です。

一年前はまだ思い出せても、3年もたったら笑い話の範疇に全て収まりますよ。

それではまた!
港区青山の税理士法人わかばでした。

tsuruno31_TP_V